PROBLEM眼精疲労

こんなお悩みありませんか?

  • 目が霞み、ぼやける
  • 目に痛みが出る
  • テレビを長時間観ていると瞼が重く感じる
  • 目が充血する
  • パソコン作業が多くて目がつらい

眼精疲労の原因

眼精疲労は目を動かす筋肉の疲労と、首や肩こりによる血行不良が原因で起こります。現代人は長時間のパソコン作業、長時間スマホを見ることで目を動かすことが少なくなり、目の筋肉が緊張して疲れたり、長時間同じ体勢でいることから肩や首の筋肉が硬くになることで血行が悪くなります。

首には様々な神経が通っており目の疲れを司る神経も首の後ろにあるため、首こりや肩こりは眼精疲労に大きな影響を与えます。近年ではVDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群と呼ばれる症状を起こす人が増えています。

眼精疲労の改善方法

美laboでは眼精疲労に対して『顔筋小顔コース』『スタンダード美容鍼コース』の2つを提案させていただいております。まず眼精疲労では目の周りの筋肉が疲労してしまうため、眼輪筋や前頭筋といった目に関係する筋肉をほぐす必要があります。顔筋小顔コースでは顔の筋肉一つ一つをハンドのみで丁寧にほぐしていきますので、重かった瞼が軽くなり目が開きやすくなります。鍼が怖い方はこちらのメニューがおすすめです。

そして肩こりや首のこりが原因で起こる眼精疲労には『スタンダード美容鍼』を提案させていただいております。こちらのメニューでは首、顔、頭に鍼をした後に手技で肩、首、顔、頭の筋肉をほぐしていきますので眼精疲労の他にも肩こり、頭痛などの症状にも対応できます。鍼を使うことで手技のみで行うよりも奥まで刺激が入るため、血液循環が改善しやすく目がスッキリとします。眼精疲労の症状が強い方や、慢性化している方におすすめです。

CASE STUDY 「眼精疲労」の事例紹介

※現在、準備中です。

その他のお悩み一覧